不貞行為がきっかけで離婚しました。

私は今年32歳の会社員男性です。2歳下の妻、3歳になる子供、1歳になる子供と4人で暮らしていました。しかし、半年ほど前に離婚しました。今ではバツイチとしての1人身の人生を歩んでいます。
私たちは結婚生活にマンネリしていて、子供が2人いることを理由にチョメチョメもしないしお互い「好き」ということもなくなってきていました。家の中でもかつての様な愛の溢れる雰囲気がなくなってきていたのでそう考えるとそれが既に離婚の前兆だったのかもしれません。
私は妻に隠れて出会い系サイトに登録し、気に入った女の子と連絡を取り合い、実際に会うような日々を送っていました。幸い出張が多かったので妻に良い言い訳はできました。出会い系で知り合った彼女とは次第に親密になり、身体の関係を持つようになりました。最初ホテルで愛を確かめ合うをしていたのですが、アブノーマルなプレイを求めてくる彼女にのめり込み、外での愛の営み、駅のトイレでの愛を確かめるなどをするようになりました。
そして、スリルを味わいたいという理由から妻と子供の不在時を狙い、私の家でちちくりあうをしていました。しかし、妻たちがまだ帰ってくるはずがない時間になんと3人は帰宅しました。

仙台浮気調査

不倫疑惑いつかはアニメの様に視覚に頼らなくても生きていける日がやってくるのだろうか?

私は目を痛めている。
ほんのちょっとでも、強い光が目に当たると痛くて涙が出るほどだ。
故に、良く考える事なのだが、もしアニメの様に何かの装置によって直接脳に情報を送り込んだりする機械。
それに、眼鏡やコンタクトを掛けなくても視力を矯正する技術。
それらが生み出される日が来るのだろうか、と思うわけですよ。
だって、それがあれば視覚に頼らなくても脳に直接周りの風景がイメージとして流れ込む。
目の病気で失明している人は、犬や棒を無しで外出をする事が出来るし、眼鏡を外して寝るのを忘れた為に眼鏡が壊れると言う事も無くなるだろう。
とにかく、私はそう言ったちょっとSFじみた世界が現実のものにならないかな、と夢みています。
ただ、それが実現出来たとしたら、目で物を見て生きていかなくても生活を営む事が出来るのだから、目が退化してしまわないか危惧していますけどね。
ですが、あらゆる情報が即座に脳に送り込まれる技術が確立すれば、プレゼンテーションなどでは有意義になると思いますよ。
スクリーンに映し出された画像は、場所によっては見難い。
つまり、それを解消する為にも是非そう言った技術が誕生して欲しいです。
不倫疑惑山口