探偵を規制する法律の探偵業法とは?

テレビや映画を見て自分も探偵として働けるかもと考えて、勝手に探偵事務所を作って営業をすることはできるのでしょうか?

実は探偵事務所は勝手に設立することはできません。

探偵として仕事をするためには、探偵業法という法律に従って、探偵業届を公安委員会に対して届け出る必要があります。このように、探偵業について様々な規制を行っている法律が探偵業法となっています。

もともと日本には調査業にたいする法規制というものはありませんでした。

ですが、調査業を巡っては調査依頼者と調査会社との間でのトラブルが非常に増加し、さらに調査を行うための手段に違法な手段が用いられる可能性があったり、実際に違法な手段での調査が行われたことがあるという背景から、平成18年6月に探偵業法(正式には「探偵業の業務の適正化に関する法律」といいます)が制定され、翌年平成19年6月に施行されました。

探偵業を営むためにはこの探偵業法を順守する必要があり、もし法律に違反すると罰則を科せられることになります。

またデリケートな個人情報を取り扱うことが多い探偵業は、欠格事由に該当する人は探偵業を営むことが出来なくなっていますので、誰もが探偵になれるというわけではありません。