それぞれの特性を少しでも頭にいれておく

じゃがいもやさつまいもなどなど。根菜類はもともと土に埋まっている野菜ですね。

なので、低温に弱いんですね。なので、暗くて風通しのよいところで保存することが大切です。青菜などは水分の保持が大切です。どんどんと抜けて行ってしまうからですね。ラップなどにくるんで、できるだけ乾燥しない様に気を付けてあげたいですね。

また、実、葉、根などなど部分によって保存方法が変わってくるモノもあるそうですね。それぞれの特性を少しでも頭にいれておくだけでも、野菜を長もちさせることができるようになりますね。
あとは、冷蔵庫で保存するモノと冷蔵庫には入れないものの区別をしっかりとつける事。冷蔵庫に入れないモノの代表として芋類がありますね。

野菜をなるべく長く保存するために注意したいのは、できるだけその野菜が生えていた状態で保存してあげる。ということですね。これはよく言われることなので知っているひとも多いとは思いますが、とても大切なことですね。立って育つ野菜はたてて保存。