お金と好きな人

私には今も忘れることのできない人がいます。それは2年前、私が24才の時に付き合っていた彼女です。

 大学生の頃から付き合っていた私たちは卒業後も関係は順調でこのままずっと一緒に生きていくものだと思っていました。
 職場も近く、仕事終わりには必ずと言っていいほど彼女のアパートへ遊びに行っていました。彼女は私に夕食を作ってくれて、たわいもない話をする時間が何よりも幸せでした。
 そんなある日、彼女は突然私に別れを告げてきたのです。私はこれまでの幸せな時間を思うと彼女の言葉が理解できませんでした。理由を聞いて私はなんとも言えない気持ちになったことを覚えています。
 彼女の勤務先は総合病院。院長の秘書として働いています。院長は彼女のことをえらく気に入っていいて、彼女にお金持ちの男を紹介したというのです。彼女ははじめは断ったのですが、年収が1000万円という好条件に魅かれ、私と別れる道を選びました。
 彼女に聞きました。「お金と好きな人はどっちが大切?」
彼女はすぐに答えました。「お金」と。
 

福岡探偵